雨漏り被害の解決は業者にお任せ!|ポタポタを改善する

calculator

スタイルによる違い

一軒家

新築を建てる際に、考慮すべきなのが住宅の外構です。外構とは、主に室外の設備のコトを指します。例えば、ドアやらエクステ、そして庭なども外構だと言えるでしょう。外構は、家の外観に左右するだけではなくて、その家での生活の質にも関係してきます。こういう外構にしたいというイメージを持っていれば問題は無いのですが、イメージが無いというかたは、新築の外構に良く用いられるスタイルを把握しておくと良いでしょう。新築住宅の外構スタイルには幾つか種類があります。大きくワケて3種類に分けることが出来ます。「クローズド外構」「オープン外構」そして「セミクローズド外構」です。

クローズド外構は、外構に柵などを設置して外部から家を見えづらくする外構です。クローズド外構は、家のプライバシーを守りたいという方などにも人気があります。日本の新築住宅においては、クローズド外構を採用している家庭が多いと言われています。そして、オープン外構はクローズド外構と反して、外部との視界を遮る物を出来るだけ除外した外構です。そのため、開放的な外構にしたいという方などに人気があるとされています。しかしオープン外構は住宅部分を外部に見られやすいので、プライバシーなどの観点からみて注意が必要です。そして最後にセミクローズド外構というものもあります。セミクローズドが以降の特徴は、プライバシーを守りつつ開放感のある外構だという点です。自住宅に適した外構を選ぶと良いでしょう。